メモ

 

 

 

何を思ったかベランダに座り込んでいるが朝日がまぶしい。ここは都会のくせに山奥の薫りがたちこめていた。胃が気持ち悪くて吐き気がする。近くの葬儀所が私を呼んでいる気がして見つめたけれど誰も私を見ていなかった安心した。鳥が鳴いてて、さみしい、トラックから警告音。

 

 

 

昨日きみに言われた言葉が頭にこびりついて離れない。これといって特別な理由がないのに死にたいときは何したらいいの。強いて言うなら死んだほうがよっぽど人に愛される気がするから生きていたくないが正解。LINEのスクリーンショットを見つけて眺めてた、ずっと友達でいればよかったのかな?迷惑かけるだけだってわかってたくせに、私達をおしまいにする方法は無限にあったけど、そうしなかったのは我がままだね。

 

 

 

 みんな私が何言ってるか分からないって言うけど私からしたら逆に皆が何言ってるかさっぱり理解できないの、それってやっぱり私が悪いのかな。平均とか平凡とか普通とか一般的とかいわゆるマトモから当然のようにかけ離れた価値観しか持てない。ぜんぜん可哀想なんかじゃないのに、真似事してる私ってほんと可哀想。今となっては名前すら忘れた保健室の先生に「どうして病気のふりをしてるの?バレバレだからやめた方がいいよ?」って笑われた事、意味もなく定期的に思い返す。その時は悲しくてたくさん反発したけれど、今おもえば全部私が一人で鬱病ごっこファッションメンヘラしてただけだよな。だって、私のせいにされたくなかった。病名つけて同情ひいたり他人に許されたり認められたり、したい気持ちが全くなかった訳じゃないけど、それより自分の中で折り合いをつけたかった。どこまでいっても1から100まで出来損ないの劣等感が、どうにかなるって思ってたんだよバカだから。

 

 

 

 

思考回路と行動を人に肯定されたいよ。わたしが無断で欠席したとき、なんで両親は泣きながら失敗したって、おまえなんか家の子じゃないって殴ったんだろう。産まなければ良かったと言って裸足の私を夜中に玄関から引きずりだしたのだろうか。いつかママになったらわかるのかな?もう限界とかはとっくに超えてるから、そろそろぶっ壊れてもいい、死ね。

 

 

 

自動記述

 

 

生きてきた事の全部が無意味で気持ち悪い。何一つ話すべきことなんてないし、ずっと生産性のない関係でしかいられないのだと思う。どうにもならない、でも死にたいと言いながら何年も生きている、さよなら。

 

 

「こんなに愛しているのに」という言葉は世界中の何よりも自分勝手。見返りを求めるなんて本当の愛じゃないことをどうして分からないの?だから今も、過去も、言われた通りにやってればいつか絶対一番になると思ってたんでしょ?んなわけねぇだろクソだ死ね 。

 

 

きれいな青いインクを入れた万年筆で太ももでも刺してやれば、血液ごと青く染まってそこから綴られる文字のように美しく尊く気高く純粋に成れると信じていて、それが夢だった。大事にしてたのは嘘ではないよ分かってほしい分かんないよね、わたしは私なりの伝えかたしか出来なくて(当たり前だけど)世間一般からかけ離れた何かだ。終わってる。何をしても何処に居ても言い様のない疎外感みたいなものが付いて回った。

 

 

 

あなたの優しさは他人への興味のなさから来ているんだね、ねぇ無理して好きにならなくていいんだよ。救ってくれようとしてること、本当はただそれだけなことも知ってたから。ただ可哀想でもなんでもない私の人生を、どうか、私だけの神様。嘘。なんでもない

今日も1日

 

 

 

死にたい→死ぬわけにはいかない→幸せになれるなら生きたい→もう死ぬしか→どうせ死ぬなら遊び狂う→堅実に生きたい→はい死んだ今死にました→死んでたまるか→おまえら全員殺す→私が死ねばいいんや→世間様ありがとうございました→産まれてきてごめんなさい→死ねやまじでクソ社会が→死にたいの繰り返しですね。とにかく触れるものすべてを傷付けたい気分すぎて朝から洗濯機のピピッ!ピピッ!にブチキレ。ほとほと嫌になる。

 

 

 

19回目の夏を迎えて、大人になるということの本質は諦めなのかもしれないと少し感じた。本物の子供だった頃に戻りたい。真実の愛は宇宙のように広がり続け、そこに理由などないと信じて疑わなかった無邪気な残酷さ。あれを失ってからの私の毎日は、人生は、どんだけ悲しいか誰にも分からないだろうし他人に理解されてたまるかっておもう。漠然と「誰か分かって」なんて泣き叫んでいた幼い私はもう死んだ。

 

 

 

そもそも自己の品定めを他人にやらせるなんて怠惰だ。人様に認められないからってナルシズムごと放棄してんじゃねーよ。私はマトモ私は素晴らしいって百回以上わめいてきたけど、1回たりとも心からそう言えた事なんて、ほんとうに、ただの一度もなくて、己に言い聞かせると共に周りから見下されない為の予防線だった。まるっきり嘘だとしても。1つしか持たないから寂しいに決まってるんだから、幸せになりたいならきちんと働いて恋愛して友達もいて趣味たくさんを持てばいい。そうすればどれかが駄目になった事で死んだりなんかしない。執着しないのではなく、その膨大な執着心を分散させればいい。逃げられないのではなく逃げ道を作っていないだけ。

 

 

 

だれもおまえを愛さないのだから、おまえが自身を愛するしかない。

 

 

 

昨日の夢に昔好きだった人が出てきて「やっぱりおまえしかいない」とかいう甘ったるい台詞を散々あびせられた。声はおろか顔もほとんど覚えていないのに未だにこうやって、数ヶ月に一度夢に出てきたりするのは意味でもあるのか。不快、気持ち悪い。

 

 

 


昔から欲求の中で食欲だけが異常で、たとえば睡眠なんかは別に最低限とれたら良い派なのだけれども、どうしても食事だけは食べれるだけ食べなければという気持ちになってしまう。こんなに執着心があるなんて自分でも訳がわからないので、おおかた前世か前前前世に飢餓で死んだと思ってる。どうにかしないと…と思って2日間断食した結果、胃が縮んだのか食べる量は減ったので良かった。

 

 

 

 

幸せな内は書く事なんて何一つない。

 

 

恋愛なんかするから寂しい

見下されるのが嫌で仕方ないんだけど、よく考えたら普通に無理だった。だって尊重される部分なんかあるわけないから。黙って大人しくしてればいいんだよ?なんでわかんないのかな?人生って良いことと悪いことが半分ずつ訪れるって聞くけど私にはどう考えてもツライことしかおきない。

 

 

 

友達(でもないのかもしれないけど高校のときに部活一緒だったり朝一緒にいってたりした子たち)に、私は毎日いつでも遊べるから予定空いたら教えて遊ぼうってLINEしてるのに結局課題が~とかバイトが~とか言われる。でも何故かみんな大学の友達とはランチ😉とかってTwitterに上げてるよね。なんで?そんなに私の事嫌い?いや最初から好かれてないの知ってるけど、パターンだし繰り返してるし。何回やっても毎回ちゃんと悲しい。傷付くことに慣れって適用されないんだねー、知らなかった。ずっと悲しみを享受し続けていたらいつか何も感じない機械みたいに生きれると思ってた。それだけが現実から逃れる希望だったから、ほんと絶望、

 

 

 

 

コンプレックスの塊だから生まれ持った物も後から得たものも全て満足してない、今までの恋愛も学歴も顔も持病のことも身長だって爪の形や髪質や足のサイズですら気に入らない。自身の事は何一つとして納得いったことないからね、生きてるだけで劣等感まみれ。自分の書いた絵も文章も大嫌い、あんなんじゃ誰にも伝わらない。わかってるよ。なんでこんなに歌下手なの声キモいの顔ブスなのスタイル悪いの仕事も勉強も運動もできないの、なんで愛されないの、神様、私なんか悪いことした?どうして一生どこでもなにでも誰の一番にもなれないの?今まで会った人の中であなたが一番だって言われるような存在だったら良かった

 

 

 

 

どう見ても私が加害者で周りの皆は被害者で、わたしに降りかかる苦難はただの天罰とか自業自得とか、そういう類いの物なのに「おまえのせいじゃない悪くないよ」って言ってほしいなんて、思い通りにいかなくて癇癪おこしてる子供と同じですね さっさと死ね

 

お腹すいた

彼氏に「おまえは手を出せるレベル。だから今までああいう事になってきたんでしょ」とか言われてめちゃくちゃ落ち込んでる。橋本環奈ちゃんが可愛いってチヤホヤされてるの羨ましすぎる。なんでこんな努力してんのにブスなの?スタイルは多少は自力でどうにかできたけど顔は無理。結局みんな顔顔顔顔、お面でも被って暮せば良いと思う。ほんとに。

 

 

 

 

フォローもフォロワーも0のアカウントを腐るほど作っているのに、どうして全部つぶやきづらいんだろうか。私のクソ汚い感情はどこにも行き場なんてなくて未来の自分自身にすら見てほしくない。思い出しては幻滅するから。自己嫌悪、電波悪くて通話が切れたのを良いことに放置して10分ちょっと、むこうから何の反応もなくて死にたいよね普通に。最後まで追いかけ回して、嫌がっても嫌がっても一人にさせないでって思いますけどね、まあ誰にもわたしの気持ちなんて一生汲めないんですよ。それだけは昔っからずっと唯一分かりきってた。

 

 

 

 

好きだった人に捨てられて友達に泣きついたとき「あんたばっかりいつも酷い目に合ってて可哀想」って言われた。そのとき、自分が悪くないのが認められた気がして、悲しかったけど嬉しかった。だけどそんなの違うよね。そう見えるように聞こえるように伝えてるだけで本当は私が悪い事の方が多いんだよ。だってそうでしょ、紛れもなくゴミクズだから金か体を犠牲にしてしか見てもらえなかったんでしょ。私の不幸の全ては何の努力もしてこなかった私のせいだから病気や家族や学校のせいにするな。罪から逃げるな。

漂白剤は夏のにおい

とりあえず報告することがあって、1年以上いたバイト先を無断でバックレた。家から5分たらずという至近距離にあるから普通に今後困るということは重々承知の上で。普段ならちっとも気にならないはずのことが、どんどん心の中で勝手に積まれていって限界を越えたようにかんじる。小さい挫折は精神を少しずつ、確実にガリガリ削っていく。もし私がぶっ倒れても病気が悪化しても職場の皆は責任とってくれないじゃん。それだけ。

 

 

 

 なんていうか私の病的な部分をコソコソ隠して取り繕った表面を見せても、そりゃあ興味わくどころか人間味すらないよねーって今までもそうだったねって、今さらやっと分かった。

 

 

 

 

一回関係を持っただけの男が、ワンチャンを狙ってるのか何なのか3か月ぶりにLINEしてきた。それもキモいし、元バイト仲間(?)から「社員の人怒ってるぞ~」とか来て一々萎え。辞めた人すら「音信不通ってまじ?」って送ってきてて、誰だか知らないけど噂したやつの口の軽さにイラっとした。全てが気持ち悪すぎてガン無視。わざわざアカウント名もログアウトにして一言にもアプリ消しますって書いて、アイコン変えたいのも我慢してるのに、余裕にピコピコピコピコ送ってくるバカばっかり。察してくれよ。

 

 

 

 

私の交遊関係は友達2人だけなんだけど、自覚した途端むちゃくちゃ自分が可哀想で堪らない。Twitterもフォロワー15で、もはや寂しさの化身だ。ツイートしたところでほとんど誰からも反応ないし。そもそも一人で楽しめない性格なのに、こんなにも友達がいないのは矛盾しすぎ。友達がいっぱいできる、もしくは一人で遊べる人間、そのどっちかにしてくれたらよかったのに。こんなんじゃ不都合しかないよ。

 

 

 

 

身辺整理をしていたら十歳のときに(たしか2分の1成人式とかいう総合の授業で)書いた二十歳の自分宛の手紙が出てきて、どうせ捨てるしまだ19だけど読んじゃえ~って思って安易に開封したら「いえーい元気?😆友達できたか!?大学楽しんでる~?✌」みたいな事が3枚にわたって書いてあった。10歳の私はパリピとかいう人種だった事を思い出して泣きながら閉じた。現実は甘くないのだな、幼い頃に思っていたようにはいかないのだな。あのときの私は今の私を見てどう思うだろうか?