また来世で

 

 

人々が社会の歯車となっている中、今日も当たり前のように1日家にいる。勝手に学校すら辞めておいて何だって言われるかもしれないけど、周りに置いていかれているのが私は本当に悲しい。夜中にベッドでうずくまって、自分はどうしてこんなにも出来ない子なんだろうと考えているときが一番つらい。

 

 

 

Twitterでバズった自分と同じ病気のメンヘラが死ぬほど叩かれていた。自分の方が不幸だと思うことの何が悪いわけ?誰だって他人と比べているに決まってる。少なくとも私はそうすることでしか生きられない。弱者はどこまでも虐げられるんだな。私はまともな家庭で育っていない。あなたは一身に愛を受けていた。その差は事実じゃないか。

 

 

 

自分の中から大切な何かが抜け落ちてしまった今は只のぬけがらでしかない。夜に父親が荒らした机の上を、朝に母が見てヒステリーを起こすから、私が朝方に全て片付ける。母親が夕飯を作らないのを仕事から帰ってきた父が見ては激怒するから、私がごはんを作る。崩壊寸前のギリギリだとしてもなんとか「家庭」を取り繕うために、私は確かに必要な犠牲なのだ。それを今さら苦とは感じていない、むしろ、そのために生まれたのだとさえ思う。

 

 

 

自殺する理由なら山ほどあるし、タイミングだって今まで沢山あったのに、どうしてまだ死ぬことすら出来ていないんだろう。数えきれないくらい罪を重ねて生活を続ける意味は何なんだろう。心と言うよりかは胃の中に、ぽっかり穴が空いていて、その奥には虚しさと寂しさで作られたブラックホールがあって、次々そこに吸い込まれていくような感覚で過食を重ねた。食べたからって何一つ満たされない。泣きながら食べる食物はまるで味のない粘土を噛んでいるようで、余計に死にたくなる。

 

 

 

昔好きだった人、いま好きな人、前は仲が良かった友達、みんなが私のことなんかちっとも覚えていない風に生活しているのを見るたびボロボロ泣けるんだよ。あなたが好きな人としか会わない事も、私のことなんか好きじゃないことも、最初から分かっていた。好きだった感情は死滅しない、執着だけがずっと積る。あの手この手で連絡をとろうとする自分が惨めでならない。連絡できる手段を自分から切ったくせに泣くな。忘れろ、思い出すな、愛していない。うまれてこなかったらよかったのに。死んでしまえれば良かったのに。一番かなしいあのときに

 

 

BAD END

 

 

今日、すきなひとの連絡先をやっと削除できた。LINEしてみようかなとか、電話をかけてみようかとか、色々考えていたけれど、結局消してみたら案外簡単なことでワンタップで何もかも無くなった。便利なのか不便なのか分かんないな。たとえ彼の友達欄には私のLINEが残っていても彼は私に2度と話しかけてこないだろうし、まぁそういうことなんだと思う。

 

 

 

半分くらいは自分から関係を切ったような節はあるにしても、これは所謂「捨てられた」という状況なのでは?でも絶対私も悪くて、むしろ私のせいなんだろうな。寂しいからって金で釣るのやめよう。ていうかそれしか手段がないの、ほんとに人間性が終わってる。誰かと遊びに行く事ですら対価を支払わないと出来ない理由を教えてほしい。私自身には何の価値もないどころか、むしろマイナスで、何かオマケでもないと一緒にいたくないという気持ちがひしひしと伝わってくる。

 

 

 

バイト先のあの人も、前はあんなに良くしてくれたのに今じゃ会話できないどころか無視されて事務的な用語すら言ってくれないもんな。おおかた私が無意識のうちに何かしてしまったんだろうけど。自分の悪いところすら自分で分からない愚かさ。こうなっちゃったら謝ることも出来ないじゃんね。

 

 

 

単純に限界なんだよ。はなから好きで生きてるわけじゃないのに、こんな仕打ち受けて、もう生にしがみつくエネルギーがどこからも産出されなくなってしまった。度数の低いカクテルを飲んで頭を少しふわふわさせた。そうすることでしか死ぬことを止められない。

 

 

 

 

このお話はフィクションです

なにもできないけど誉めてほしい。わがままだろうか?私の心は本当にからっぽで、ただの空虚な入れ物にすぎない。もう散々繰り返してきたのに、1年たっても成長してない自分に心底いらつく。きっと人を好きになってはいけないのだと思う。ほんとうに好きな人とは結局うまく行かないんだよ。だから適当な所でおさまる。満足したつもり。言い聞かせてるだけだって知ってるのに事実には目をつぶってきた。でも愛した気持ちは嘘じゃない、それだけは本当なんです神様。

 

 

なにされたって愛の裏付けにはならない。人の心のなかを覗けるわけもなくて、確かめるのが不安で、臆病だから関係を誤魔化したままにした。 わたしは他人をずっと羨んできたけど、きっと私自身も「誰かの欲しいもの」をもってる存在で、結局は満たされないの。こんな悲しいことってある?

 

 

 

最初からずっと、もう2度と会わない気がしてるのも寂しい。それが多分本当になるのも寂しくてたまらないよ。あなたはとても優しいから、大丈夫だよって、また会おうねって言ってくれたけど、どうせわたしがいなくなっても何ら変わらず生きてくんだ。

 

 

 

わたしの全てを赦すようなその瞳が好きだった。何よりも澄んだ少し高いあの声が好きだった。ずっと、きみだけを、見つめていたかった。

 

 

おやすみ

 

人との関わりを絶ちたい。他人との関わりの中で私は、ずっと失うだけで何も得たことがないのだから。

 

 

 

これさえ終われば幸せになれるって信じていた出来事は山ほどあったのに1回も思った通りにならなくて、こんなん地獄じゃんね。今度こそって思うことさえつらくなってきて、書いてる内に私と関わった皆ごめんって感情が沸いてくる。

 

 

 

昨日は色々あって、それをぜんぶ誰かに言いたいけど言っちゃいけない気がしてる。話せる相手もいないし、そもそも他人に言うべき事ではないんだな。傷付くべき所で無関心、耐えなきゃいけないときに感情は崩壊する。自分からふりだしに戻ってるくせに。私は昔からこうでしたね。根本がマトモじゃないから結局ぐちゃぐちゃになるのも仕方ないじゃん。ほんとは私が1から100まで悪いのに、他人に罪悪感あたえてまで、なんで知らんふりして生きてるんだろう?ちょっとの隙間を埋める行為に何の意味があるんだろうか?そこからは何も生まれない。心のどっかにどうしようもない虚無だけがある。ちゃんと愛せると思ってたんだけどなあ。

チョコケーキは生焼けの味がした

Twitter、どのアカウントも呟きずらくて死んでる。もうフォローフォロワー0のアカウントで一人で喋ってればいいんやって思ってぽちぽちツイート。引用してチラ見せするね、

 

私より明らかぶっさいくな顔して頭も性格も悪い人間、なんで私より楽しそうに生きてんの?

 

好きな人しか好きじゃないんだよ

好きな人しか大事にできないんだよ

だから私は私を大事にできないし、あなたも私を大事にできない

 

何で毎日こんなにすることが無いの?この虚無感は何?根拠もないのに「生まれてきて良かった!価値あった!」とか思えるほどバカじゃねーから、あたし。

 

昨日の夜に、耐えられないレベルに嫌な事が3ついっぺんに起こって駅のホームで号泣してた。(泣いてる私が悪いんだろうけど)なんもしらない他人がジロジロ見てきた好奇の目と野次の声が気持ち悪くてトイレに立てこもってた。そしたら半年前にトモダチだと思ってた子に言われた「あなたはこんな苦しみ経験したことないんだろうね」って言葉が頭をよぎって、じゃあ逆にあんたは夜に駅の障害者用トイレの地べたで泣きわめいた経験あんのかよって今更イライラした。その後も裏アカで書かれた悪口の事とか、親に何でこうなっちゃったのって泣かれた時の事とか考えたり。

 

 

 

LINEしたってどーしようもないし、気分悪くさせるだけだし、そのとき連絡してた二人にもう帰るよって嘘ついた。30分くらいして、コンビニで買ったマスクつけて、俯いて電車に乗り込んだ。誰かにここまで来てほしくて、でも誰にも合わせる顔なんてないんだなぁ。友達と彼氏と、それぞれ迎えに来てくれる想像してみたけど、結局頭のなかでさえドアを開けられなかった。扉をひらいて泣きついて、それからどうするんだろう?私はまだ良くも悪くも子供で、皆だって一緒で、逃げ出す勇気も連れ込む家もない。

 

 

 

 

あんだけ人を拒絶したり、愛する努力もせずに愛されたがったり、周りを不幸にし続けてきた私が、誰かに助けを求める資格なんか無かったよね、また心配と迷惑だけかけてごめんね。

風邪

ここ2日しんどいんだけど。熱はかっても平熱だし薬のんでも治らないしで布団から一切でれないでいるんだけど。そういうときに限って家に誰もいないの何で?普通に友達がほしいわ。

 

 

 

昨日の夜(というか今日の朝)は鍵アカで虚しくツイートしてた

 

 

本当に病気が治れば私も皆と同じように生活できるんだよな!?!ちゃんと学校も仕事も休まず行けて、「人生は幸せハッピー☺💕学校に行けないやつは単に怠け者(笑)」とか笑顔で舐めた事ほざけるんだよな!?!?

 

 

元気になるために休養をとっているのに、休めば休む程どんどん生きる気力がなくなってきてる気がする。まともになれる保証なんかどこにもない。みんなは幸せになれる力があって羨ましいなあーと。クソ世の中つめてぇし学校いったり仕事するくらいなら森で獲物を刈る原始人になりたい人生、これで良いわけないけど足掻いても絶望な人生。

 

 

 

一人暮らししたい。できるだけの稼ぎがほしい~~親からの仕送りは当たり前に貰えないから自立しなきゃな。でも毎日朝から晩までの仕事は出来ないから永遠にできないんじゃない?ということに気付いてしまった。

 

 

 

 

学校や仕事へ行けない事は、決して甘えや怠惰ではない。したいのは山々だけど出来ない。朝に電車を待っているとき「自分が電車に飛び込んでしまうだろう」という確信めいた予感。第六感で感じる何か。だからホームには行けない。あれを体験したことがない人は、たぶんきっと仕事に行く才能があるんでしょうね。

これぞ現実って話

 

ゴミみたいに重ねた18年で、プリキュアになれないことを学んだ。

 

これはそういうブログです。

 

小学校の頃から周りの人たちと馴染めなくて、会話しても遊んでもどんなに近くにいても同じ生き物じゃないように思えた。むしろ私も周りも人間だということに一種の気持ち悪さすら感じていた。言ってしまえば昔からメンがヘラってたから周りの人たちのせいじゃなくて、要は自分自身の問題だったんだけど。そんなことは知るよしもなく、絶対に私は特別なんだと、いわゆる中二病みたいなのに本気の本気でかかっていた。

 

 

パティシエになることをさも夢のように語っているけれど、おじゃ魔女ドレミに憧れた幼い自分を引きずっているだけでパティシエには別段なりたくない気すらしてくる。どちらかというと私はおんぷちゃんになりたかったんだと思う。アニメの中の女の子は輝いていて、みんな私なんかよりもよっぽど生身の人間らしく生きていた。幸せが羨ましかったよ。純粋な憧れだった、それが嫉妬に変わるまでは。最終的に罪悪感?みたいなものまで覚えて、アニメもドラマもだんだん見れなくなっていったのは、そういう訳。

 

 

魔法使いになれないし変身もしないしお姫様ではないし悪と戦う事もないんだと気付いたのはいつだったか覚えていない。科学がまるっきり消え失せて世界がぜんぶ魔法で形成されればいいのに!とつくづく思うけど、あなたは稚拙だと笑う?それとも馬鹿みたいと怒る?永遠に変わらず私を好きでいてくれたらいいのに。そうしたら、それが私の、ゆいいつの魔法になるのに。