あなたを殺したかったわけじゃない

まじめに書くのもしんどいし、何か乱雑な文章を淡々と並べる方が自分に合ってると思った。最近ずっと昔の話がしたくなる。思い出はいつも綺麗で、わたしをダメにしてしまう。

 

出会ってから私はあなたを救ってあげたくてずっとやっていた。苦しい事も沢山あったけど、そういうときに助けてくれたのは結局、いつもあなたじゃなかったね。忘れないでほしかったのは惨めったらしく執着していたから。ごめんね、もう全部わすれて。