昨日の夢に昔好きだった人が出てきて「やっぱりおまえしかいない」とかいう甘ったるい台詞を散々あびせられた。声はおろか顔もほとんど覚えていないのに未だにこうやって、数ヶ月に一度夢に出てきたりするのは意味でもあるのか。不快、気持ち悪い。

 

 

 


昔から欲求の中で食欲だけが異常で、たとえば睡眠なんかは別に最低限とれたら良い派なのだけれども、どうしても食事だけは食べれるだけ食べなければという気持ちになってしまう。こんなに執着心があるなんて自分でも訳がわからないので、おおかた前世か前前前世に飢餓で死んだと思ってる。どうにかしないと…と思って2日間断食した結果、胃が縮んだのか食べる量は減ったので良かった。

 

 

 

 

幸せな内は書く事なんて何一つない。