まだ生きてる

 

 

 

なんのためにバイトしてるのか自分でもさっぱり分からない。バイトしたらお金が手にはいって、そのお金で幸せになろうとしていた。なのにカラオケいっても漫画買ってもパンケーキ食べても美容につぎ込んでも本当の幸せは感じられなかった、それどころか札束が恋しかった。唯一北海道行きのチケット買ったときだけは、働いてよかったって心底思ったけどね。

 

 

 

あーあ私が死んだことになんねーかな、私が生きてること知ってるのは好きな人だけでいいです。早くどっかに連れ去ってほしいよ。死にたい気持ちだけは人一倍つよかった。人生のアカウント消したくても消す勇気がないからSNSのアカウントを消しまくって電脳世界で自殺する。これが人間関係から逃げたがりな私の常套手段。バイト先の先輩に遠距離恋愛なんて俺は絶対無理って言われたとき、わたしも昔は同じ考えだったことを思い出した。でも、どんなに物理的な距離が近くても心が離れてたら意味ないの知ってる?そっちの方がよっぽどつらい。私は「次に会えるのは半年後、まぁそんなのすぐだよ。」って大人ぶった。ちょっとだけ惨めだった。

 

 

 

 

 

元友達のSNSを久しぶりに覗いたら、毎日が幸せハッピーのようなツイートにまみれてる。あーはいはいってかんじだ、いつもいつも傷付いているのは私なのに、どうしておまえらが被害者みたいな顔をするんだろう。裏アカで悪口を言われたから問い詰めて、そしたら言ったやつも周りも皆わたしから離れてったよね。友達の彼氏に襲われかけた時も、学校やめたときも、むしろちゃんと事情を話してた子から私の友達を辞めたもんね。脳ミソ殺して機能停止して、しんどくなくすればいいんやって、気づいた頃には全て終わった後でした。いっつもそう。

 

 

 

 

キーンじゃないタイプの(ぐわんぐわんって)耳なりが絶妙に不愉快で仕方ない。ずっと何かが埋まってないような気がする。お腹一杯たべて眠っても虚しさで溢れる、風邪ひいてるからこんな最低な気分になるのかなとか頭回らないまま考えた。もっと不真面目だったら夜の町にでも飛び出してしまえるのに、変なところで真面目さが出てしまってろくでもない。恋人と過ごしてた毎日は、時間が早い気がしてたな。

 

 

 

 

前記した通り風邪で文章に纏まりがないですね。これは単なる日記で誰も見ていないだろうから安心、でも私が世界から切り離された存在のようで寂しいです。わたしが嫌いな人間はいつも女、私が嫌いになるのはいつだって私を嫌いなやつだから、ひっくり返せば女に嫌われやすいってこと。私を嫌いな理由は皆それぞれで「男に媚びすぎ」「自己中心的すぎ」「会話が成り立たない」「ノリについていけない」「メンヘラきもい」が多い。満遍なく皆に優しくなんの隔たりもなく接したいのに、普段はそうできているのに、時々発作みたいに全部ぶち壊したくなります。人生どこかで間違ってんのかな?だとしたらどこかな?そればっかり気になってるから、今もまだ駄目なのかな?